最後の風俗は豪快に

ホームページは個性を感じる場所

情報発信が行える時代のおかげで、好きなように楽しめるのは本当にありがたいことだと思うんですけど、風俗でもホームページが当たり前と言うか、むしろホームページを持っていない風俗店は人の目に触れないと言っても過言ではないですよね。つまり、ホームページがあることはもはやアピールでも何でもないんです。そんなことは当たり前であって、あれこれ言うようなものではないんですよ。だからこそ、ホームページの質にもこだわる時代が到来しているんじゃないのかなって思いますけどね(笑)持っていることじゃなく、どんなホームページを持って、どういった運営をしているのかまで問われていると思いますし、実際にホームページ運営は業者の姿勢が見える部分です。こまめに更新してくれているのかや、こちらがお客として知りたいことをしっかりと伝えてくれているのかなど、細かい部分までケアしてくれている業者なのかどうかと言うのはやっぱり気になる部分ですよ。

若さは偉大だと思いますよ

若さってやっぱり偉大だなって思うんですよね(笑)だからこそ、ふうで遊ぶ時には若い子とって気持ちはとってもつい良いんですよ。だってその方が刺激になるじゃないですか(笑)自分もう明らかに「おっさん」な世代です。つまりは同世代もまた、おばさんってことじゃないですか。せっかくなんです。おばさんを相手にするよりは若い女の子を相手にした方が絶対に楽しいですよね(笑)それはもう間違いないんです。むしろそうじゃないと勿体ないともおもうので、風俗で楽しむ時には若い女の子と楽しめるようにという気持ちはしっかりと持つようにしています。むしろその気持ちこそ、風俗の原動力になるといっても決して過言ではないんじゃないのかなって思いますよ。だって風俗って、こういった原動力を持つことこそ、何よりも重要というか自分の気持ちをさらに高めてくれることになるんじゃないのかなって思いますし、それがまた快感を生むので、若い風俗嬢の方が良いんですよ。