最後の風俗は豪快に

いつもとは違うことがテーマ

風俗は非日常そのものじゃないですか。つまり、いつも出来ないことを楽しめる場所だと思うので、風俗で遊ぶ時にはその点はしっかりと意識しておきたいなって思っているんですよね。いつでも出来るようなことを風俗で楽しんでも勿体ないじゃないですか。そうじゃなくて、いつもは出来ないことをこそ、風俗で楽しむ価値があるんじゃないかなって思うんです。特に風俗はこちらのリクエストに応えてくれる訳です。イマジネーションの見せどころじゃないですか(笑)現実的かどうかなんて関係ありません。それまで頭の中を駆け巡っていたイマジネーションを発揮する場所だと思うので、思う存分に相手の風俗嬢にぶつけるんですよ(笑)それによって改めて気付かされることや、信じられないくらいドキドキすることもありますので、自分なりにいろいろな形で楽しめればそれで十分なんじゃないかなって思っていますし、むしろそれがとてつもなく大きなメリットとして楽しめるんです。

微乳の方がリアルだと実感した

微乳風俗嬢と遊んだんです。初めてですよ、あれだけ小さいのは。小さいといったら申し訳ないんですけど、事実は事実ですしね(苦笑)でも、小さいから悪いとは一言も言ってませんよ(笑)むしろ微乳の感度の良さをまざまざと見せつけられました。確かにあの感度は巨乳風俗嬢にはないものだなって思いました。巨乳ではさすがにあそこまで敏感に反応してくれないですし、微乳だと少し触れているだけなのに、かなり良い反応をしてくれるということにも気付かされました。だからこそ、微乳も悪くはないんだなってことに改めて気付かされましたし、これくらい反応してくれるのであれば攻めるだけでも楽しいなって思いました。だから実際、プレイの9割くらいは攻めていましたね。その方がこちらの満足度が高まるんです。そして最後にちらっと攻めてもらいましたけど、攻めていただけなのにこっちもしっかりと出来上がっていたので、ちらっと刺激されるだけでもすぐに果てちゃいました。